Avigilon 保証および製品ポリシー

以下の詳細を下記に記載します。

  1. ハードウェア製品に適用されるAvigilon 限定保証
  2. Avigilon 製品の返品ポリシー
  3. Avigilon 製品の修理および交換ポリシー
  4. Avigilon Control Center ソフトウェアのアップグレードとサポートのポリシー

保証およびポリシーは、ここでは便宜上のためにのみ合わせて提示します。それぞれは個別の証書を構成し、互いに独立してAvigilon により改訂され、変更され、解釈されることがあります。

保証またはこのポリシーのいずれかが英語以外に翻訳され記載される場合、英語版が優先されるものとします。

▲ TOP

A. AVIGILON の限定保証(ハードウェア製品のみ)

Avigilon カメラ、NVR、HD ビデオ機器、HD-RMWS ハードウェア、Rialto 解析機器、HD アナログ エンコーダー、ACC ES HD レコーダーおよびAccess Control Manager 機器
3年間の限定保証

下記に定める制限に従い、Avigilon は最初の消費者である購入者に対し、購入したAvigilon 製品(Avigilon カメラ、NVR、HD ビデオ機器またはHD-RMWS ハードウェアの場合)が、通常の使用条件の下で当該製品のAvigilon からの出荷日から3年間、材料および製造上の欠陥がないことを保証します。

Avigilon カメラ、エンコーダー、NVR ハードウェア、Access Control Manager 機器に関する延長保証

Avigilon カメラ、エンコーダーおよびNVR ハードウェア(ラックマウントNVR、ワークステーション、およびリモート モニタリング ワークステーションを含む)の保証期間は、1年につき購入金額の10 % の追加保証料金により、合計5年間まで延長可能です。この延長保証は、最初の消費者である購入者が当該製品と同一の注文にて、またはAvigilon からの当該製品の出荷から60日以内に購入しなければなりません。前述の定めにかかわらず、延長保証は、パン チルト ズーム カメラの可動部には適用されません。

Avigilon レンズおよび付属品の
1年間の限定保証

下記に定める制限に従い、Avigilon は最初の消費者である購入者に対し、Avigilon によって販売または再販されたレンズおよび付属品が、通常の使用条件の下で購入日から1年間、材料および製造上の欠陥がないことを保証します。

Avigilon Access Control Manager (ACM)™およびAccess Control Hardware

Avigilon のAccess Control Manager 製品は、Avigilon によって販売されたサードパーティのアクセス制御ハードウェアを含め、製品の製造者の保証およびその関連の条件に従います。詳細情報については、該当する製品の資料か、詳細が記載されている特定の製品製造者のウェブサイトをご覧ください。当社のサードパーティのアクセス制御製品保証についてまとめた表をご覧ください。Avigilon は、こうした製品に関して限定的であるか否かを問わず、個別の保証を行いません。

保証の限定および否認

本契約に基づくAvigilon の製品は、Avigilon の裁量による本製品の交換または修理に限定されます。Avigilon は、自身の裁量により、この保証条件に合致するよう新規の、改造された、または同等の部品または装置を使用することができます。

交換または修理は、Avigilon のその時点で最新の製品修理および交換ポリシーに従います。

この限定保証は、製品が事故、不当な使用、怠慢、改ざんその他、材料または製造上の欠陥に起因しない事由により損傷した場合は無効とします。この限定保証は、本製品の最初の消費者である購入者にのみ適用され、これを移転または譲渡することはできません。

法により許可された最大の範囲において、Avigilon は、商業性または特定目的への適合性の保証を含め(ただし、これに限定されません)、明示的であれ黙示的であれ、本製品に関するその他すべての保証を否認します。Avigilon 、その販売店、取扱業者、代理店または担当者によって提供される口頭または書面による情報、勧告または表明は、別の保証を構成せず、またはこの限定保証を変更するものではありません。

この限定保証は、製品が適正に動作しないことに対するAvigilon の全ての責任および、お客様に対するAvigilon の独占的な救済手段を述べたものです。いかなる場合も、Avigilon は、本製品の使用または使用不能から生じるいかなる種類の間接的、付随的、特別、結果的、模範的または懲罰的な損害賠償についても(逸失利益あるいは秘密情報またはその他の情報、業務妨害、人的傷害、プライバシー侵害、誠意または相当の注意を含む義務違反、怠慢、罰金またはその他の損失を含むが、これに限定されません)、当該損害賠償の可能性について勧告を受けていた場合であっても、何らの責任も負わないものとします。

管轄地によっては上記の限定責任を認めていないため、当該限定はお客様に適用されない場合があります。この限定保証は、お客様に特別な法的権利を付与するものであり、お客様は、管轄地によって異なるその他の権利を受けることもあります。

Avigilon は、事前通知なく単独の裁量でいつでもその保証を一方的に変更する権利を留保します。変更された場合、その変更はavigilon.com/warrantyに掲載されます。お客様が保証された製品を継続的に使用することは、これらの変更を承認したことを意味します。お客様が保証に対する変更を承認しない場合、Avigilon にご連絡の上、この保証および該当のアカウント(複数可)を終了してください。

▲ TOP

B.Avigilon の製品返品ポリシー

Avigilon の製品返品ポリシーは、購入者が購入後直ちにAvigilon に返品を求めているAvigilon 製品に適用されます。Avigilon への直接返品は、Avigilon から直接製品を購入した人のみが行うことができます。同様に、最初の消費者である購入者は、Avigilon から直接製品を購入しなかった限りにおいて、製品を購入した主体と製品の返品について協議しなければなりません。

下記の条件に従って、Avigilon は、返品された製品の対価として信用供与のみを可能とし、購入金額の返金は致しません。アクティブ化されたソフトウェアライセンスおよびAvigilon ACM のカスタマイズされたハードウェアアイテムは、返金または信用供与のいずれによっても返品できません。

製品が未開封で、かつ損傷していない場合(工場出荷時の封印がしてある場合)、これを(i) 購入後30日以内に全額信用供与により返品するか、または、(ii) 購入後31日から60日(当日を含む)の期間、20 % の在庫補充料金に従って信用供与により返品することができます。製品が開封されているが、全ての部品および梱包に表面上その他の損傷がない場合、Avigilon の単独の裁量によって、購入後60日以内に20 % の在庫補充料金に従って製品を返品することができます。購入から60日経過後は、製品の返品は認められません。

購入されたAvigilon 製品の返品を開始するには、製品購入者(返品当事者)は、返品要請書式を利用可能なAvigilon のウェブサイトavigilon.com/rma/で入手し、これに記入して提出しなければなりません。Avigilon は受領し、検討した後で、返品承認(「RMA」)番号および出荷指示書を返品当事者に発行します。RMA 番号の発行およびAviligon への製品の発送は、返品が有効であることの確認とはなりません。RMA 番号なしでAvigilon に返品された品目は、返品当事者の費用負担にて返品当事者に対し返却されます。

▲ TOP

C.Avigilon 製品の修理および交換ポリシー

Avigilon 製品の修理および交換ポリシーは、適用される保証期間(保証期間内)および適用される保証期間後(保証期間外)の両方の間、Avigilon 限定保証に基づくAvigilon 製品に適用されます。

Avigilon の技術サポートは、欠陥が発生している可能性がある製品の返品の前に、問題解決の援助または技術サポートのためsupport@avigilon.com から連絡を受けなければなりません。問題が解決できない場合、製品(保証期間内であるか保証期間外であるかを問わず)を適宜、検査、修理または交換のためにAvigilon に返却することができます。

欠陥が発生している可能性があるAvigilonの製品の修理または交換のために返品を開始するため、製品購入者(「返品当事者」)は、利用可能な返品要請書式をAvigilonのウェブサイトavigilon.com/rma/で入手し、これに記入し提出しなければなりません。 Avigilon は、受領し検討した後、返品承認(「RMA」)番号および出荷指示書を返品当事者に発行します。RMA番号の発行およびAvigilon への製品の発送は、製品が欠陥品であることの確認とはなりません。RMA番号なしでAvigilonに返品された品目は、返品当事者の費用負担にて返品当事者に対し返却されます。

製品を受領したら、Avigilon は、製品の状態を査定し、すべてAvigilon の裁量にて適宜次の判断を行います。

  1. 製品が本当に欠陥品であるか、その他損傷を受けているかを判断します。製品が欠陥品でなく、その他損傷を受けていないと判断した場合、Avigilon は、返品当事者にその旨を通知し、返品当事者の費用負担にて製品を返却する手続きを取ります。

  2. 製品が保証期間内である場合、欠陥または損傷に保証が適用されるか否かを判断します。欠陥に保証が適用される場合、製品を修理するか交換するかを判断します。修理または交換された製品はその後、Avigilon の費用負担にて返品当事者に返却されます。下記の「事前交換」もご覧ください。欠陥に保証が適用されない場合、Avigilon は、利用可能な選択肢について返品当事者に通知し、それに応じて処理を行います。下記の「保証期間外の製品」もご覧ください。

  3. 製品が保証期間外である場合、製品を修理できるか否かを判断します。Avigilon はその後、利用可能な選択肢について返品当事者に通知し、それに応じて処理を行います。下記の「保証期間外の製品」もご覧ください。

Avigilon は、自身の裁量によって、返品された製品の修理または交換に関連して、新規の、改造された、または同等の部品または装置を使用することができます。

事前交換

Avigilon は、自身の裁量により、欠陥が疑われる製品について、当該製品が保証期間内である限りにおいて、これを事前に交換することができます(すなわち、製品が物理的にAvigilon に返品されるか、または検査を受ける前に交換を完了することができます)。Avigilon は製品を受領した後、製品の物理的評価を行い、返品状況の確認を行います。

返品当事者が元の製品をAvigilon に出荷する前に事前交換用の製品が返品当事者に出荷され、かつ、事前交換用の製品の出荷後30 日以内にAvigilon が返品当事者から元の製品を受け取らない場合、返品当事者に対し、返品当事者の標準契約価格にて事前交換用の製品の全額が請求されます。

返品された製品がAvigilon によって、

  1. 不具合または欠陥がないと判断された場合、返品当事者に対し、事前交換用の製品の価格として標準契約価格の40 % が請求される(事前交換用の製品がすでに出荷されている場合)か、または、

  2. Avigilon 限定保証が適用されない形で欠陥があるか、もしくは損傷していると判断された場合、返品当事者に対し、事前交換用の製品の最新のMSRP 価格の50 % を上限として請求されます(事前交換用の製品が既に出荷されている場合)。

上記のいずれの場合も、元の製品はAvigilon から返品当事者に対し返却されません。

事前交換用の製品に関して、元の製品の保証の残余部分が引き続き適用されます。

保証期間外の製品

欠陥または損傷のある保証期間外の製品に関して、または、Avigilon の限定保証が提供されない欠陥または損傷のある保証期間内の製品に関して

  1. Avigilon カメラまたはエンコーダーの1回限りの交換が、その時点で最新のMSRP 価格の50 % 引きの価格で利用可能です。

  2. 有償修理サービスがAvigilon HD Professional カメラ、HD PTZ カメラ、またはHD LPR Capture キットに対して、時間および材料に基づいた修理費用を課金し、製品価格については最新のMSRP 価格の50 % を上限とした利用可能です。修理のための見積りを受けるために、Avigilon が提供したRMA 番号を付した製品をAvigilon に返却しなければなりません。

  3. 保証期間外の交換または修理は、製品の有効サポート期間内のみ利用可能です。

  4. 保証期間外の交換または修理には、90日間の限定保証が適用されます。

  5. 保証期間外の交換および修理に関する出荷費用および手数料、税金および関税はすべて、返品当事者に請求されます。
▲ TOP

D. Avigilon ソフトウェアのアップグレードおよびサポートポリシー

Avigion ソフトウェアのインストールおよび使用はすべて、適用されるエンドユーザライセンス契約によって統制されます。ソフトウェアのアップグレード、サポート、および問題解決は、Avigilon 技術サポートavigilon.com/contact-us/)を介して最新のAvigion ソフトウェアおよび、当該ソフトウェアの1つ前の世代の「メジャー リリース」に対して利用可能です。「メジャー リリース」とは、ソフトウェアのバージョン番号で、最初のバージョン番号の小数点第1位の左にある数字を1つ増やすこととして定義されます。料金は、あるシステムをソフトウェアのある世代から次の世代へ、または当該ソフトウェアの後続のいずれかの世代へアップグレードすることに対して適用されます。

▲ TOP

用語

ACC バージョン カメラでテストした ACC の最新バージョン。これ以降の ACC バージョンについても、特に明記されない限りはサポートされます。
音声入力 カメラから音声フィードを受信します。
音声出力 カメラに接続されたスピーカーに音声を送信します。
オートディスカバリー LAN 環境で接続したときにカメラの IP アドレスを自動的に見つけます。
圧縮のタイプ カメラで利用できるエンコーディングの種類。
接続タイプ 使用するデバイス ドライバーの種類。個々のデバイスは、そのデバイス メーカーのデバイス ドライバーによって制御されます。
歪み補正 フィッシュアイカメラまたはパノラマカメラの歪みをクライアント側で補正します。
デジタル入力 カメラからデジタル入力またはリレー入力を受信します。
デジタル出力 カメラに物理的に接続されたデジタル出力またはリレー出力をトリガーします。
モーション 当該カメラでモーション レコーディングが利用できるかどうかを示すクイック ディスプレイ。
モーション設定 ACC Client におけるモーション検知の設定。
モーション レコーディング 動きが感知されたときだけ記録します。
PTZ 当該カメラで PTZ 機能が利用できるかどうかを示すクイック ディスプレイ。
PTZ コントロール PTZ の基本的な動き。
PTZ パターン/ツアー カメラのサポート状況に応じて PTZ パターンと PTZ ツアーのいずれかを作成してトリガーする機能。
PTZ プリセット PTZ プリセット ポジションを作成してトリガーします。
ユニット タイプ カメラの種類。
検査者 カメラの試験と機能の報告とを行った組織。
検証済みファームウェア 試験した個々のファームウェアのバージョン。
メーカー Blah
モデル DS-2DE2103
接続タイプ ONVIF
ユニット タイプ IP PTZ カメラ
圧縮のタイプ H.264

  • ACC バージョン
  • モデル DS-2DE2103
  • 接続タイプ ONVIF
  • メーカー Blah
  • メーカー Blah
  • メーカー Blah
  • メーカー Blah
  • メーカー Blah
  • メーカー Blah
  • メーカー Blah
  • メーカー Blah
  • メーカー Blah

検査者:

ベンダー
Download Test Report